自転車保険で安心

搭乗中の事故に備える

日本人

健康ブームやエコブームの波に乗って、最近では自転車を利用する人が増えてきています。通勤・通学や買い物などに利用するのはもちろん、レジャーとしてツーリングを楽しむ人も少なくありません。 そうした風潮とともに必要性がクローズアップされるようになったのが、自転車保険です。自転車保険は自転車搭乗中にケガをしたりあるいは他人にケガをさせてしまったりした場合に備えて加入する保険商品で、現在では複数の損害保険会社が取り扱っています。商品内容は会社ごとにまちまちですが、主な補償がすべてカバーされたもので保険料が5,000円前後、保険期間は1年間というのが平均的なところです。さらに手厚い内容で保険料が年額1万円前後と言う商品もあります。

保険加入は利用者のマナー

自転車保険の普及が進んでいる背景には、もちろん自転車利用者が年々増加しているという現状があります。それとともに事故の発生件数も増えてきており、中には命に関わる大事故も起きています。過去には自転車搭乗中に歩行者と衝突して相手を死なせてしまい、1億円近い損害賠償を裁判で命じられたというケースもあります。こうしたリスクに備えるために、自転車保険への加入は一種の社会的マナーとなってきています。 もちろん他人に対する損害賠償だけでなく、自転車保険は自らに対する備えでもあります。一般的な商品では自転車同士の衝突事故や単独事故などの場合にケガを負った場合、入院費や手術代などが補償されます。また、家族名義で加入することにより配偶者や子供がカバーされるものもあります。